小型吸着方式

 

トップ ページコンプレッサーエアードライヤー周辺機器油水分離装置静電気対策会社概要

P4-EFA 
P6-EFA 
P4-QD10 
P6-QD20 
電子冷却式 
小型吸着方式 
大型吸着方式 
中空糸膜式 
ワンタッチ式 
圧力露点計 
露点モニター 

 

超低露点エアードライヤー:QDシリーズ

 

QDシリーズの特長

  • 二筒吸着式のエアードライヤー。
  • 自己再生方式でノーメンテ。
  • 大気圧露点−60℃、−75℃の乾燥エアーを連続供給可能。
  • 吸着剤の交換は不要で、窒素ガスの代用としても使用可能。
  • 油分やゴミ用のミストクリーナーやクリーンフィルター付き。
  • 露点計量証明書付き。
  • 50L/min以上の製作可能。

 

クリーンドライエアー(CDA)が必要な際にご検討ください

 

■二筒交互吸着式のエアードライヤーです。

■自己再生方式で吸着剤交換もほぼ不要でメンテナンスフリーです。

■大気圧露点-60℃、-75℃の乾燥エアーを長時間連続供給することが可能です。

 クリーンドライエアー(CDA)が必要な際に最適です。

■手軽に高乾燥度のドライエアーが得られますので窒素ガスの代用としての使用

 可能です。

■コンパクトなので研究室や実験室での使用に最適です。

■標準タイプの他に大型機種として50L/min以上も製作可能です。

 

■QDシリーズのフローチャート

※出口配管について 出口配管は、ステンレス、ふっ素樹脂、銅のいずれかの材質のものを使用して

 ください。出口配管に便利なフッ素樹脂 (PFA)製のコイルチューブはこちらをご覧ください。

 

※低露点について

 この製品に関しましては「-60℃や-75℃の冷たい空気が得られるのか」という

 質問を良くいただきますがこの-60℃や-75℃は露点温度という意味で露点温度

 が低いほど、水蒸気量(水分量)が少ない(乾燥している)ということです。

 冷たい空気は得られませんのでご了承ください。

 

■飽和水蒸気量

温 度(℃)

0

-5

-10

-15

-20

-25

-30

-35

水蒸気量

(g/m3

4.84

3.24

2.14

1.39

0.882

0.551

0.338

0.203

 

温 度(℃)

-40

-45

-50

-55

-60

-65

-70

-75

水蒸気量

(g/m3

0.119

0.0681

0.0381

0.0207

0.0109

0.0056

0.00277

0.00133

 

■QDシリーズの仕様

※QD30-50は、出口流量30L/minの準標準品です。

 製作品として、50L/mim以上の製作も可能 です。詳細はお問合わせください。

※この製品は、自己再生方式のためエアーパージがあります。コンプレッサーの流量が足りない

   場合には、コンプレッサーが回りっぱなしになり故障の原因となります。

   機種選定の際は、再生流量の項目もご覧いただき、全体的に余裕を持ったコンプレッサーとの

   組み合わせをお願いします。

形 式

QD10-50

QD10-75

QD20-50

QD20-75

QD30-50

大気圧露点

-60℃

-75℃

-60℃

-75℃

-60℃

出口流量(/min)

10L

10L

20L

20L

30L

再生流量(/min)

3L

10L

5L

20L

10L

消費エアー流量

(/min)

13L以上

20L以上

25L以上

40L以上

40L以上

入口空気圧力

0.4MPa

出口空気圧力

0.05MPa

入口空気温度範囲

10℃〜50℃

周囲温度範囲

5〜28℃

再生方式

自己再生方式

再生サイクル

30sec

吸着剤

モレキュラーシーブ

電 源

単相AC100V 50/60Hz

消費電力

1W

接続口径

Rc1/4(メネジ)

外径寸法

W380×D300×H595(mm)

乾燥質量

約12.5kg

 

■超低騒音コンプレッサー・YC-4Rと組み合わせ

※-60℃の低露点エアーを1分間当たり10リットル供給する接続例です。

 QD10-75やQD20-**以上を使用する場合には、余裕を持ったコンプレッサーとの

 組み合わせをご検討ください。

 

   

※グローブボックス内に乾燥空気を            ※「QD10-50」の大気圧露点を弊社の

 送るような使用も可能です。                       ハンディータイプ露点計で計測を

 グローブボックスは弊社では取り                 したところ -64.2℃ でした。

 扱っておりません。             ハンディータイプ露点計:S505J−2

 

※グローブボックスの乾燥度を上げる際には、少量ずつでもずっと乾燥エアーを

 送り続けることが必要となります。使用する直前に乾燥エアーを送り始めても

 グローブボックス内の乾燥度はすぐには上がりません。

 

■参考資料:コンプレッサーの出力に対する概算吐出量

※出口流量と再生流量をあわせた流量が確保できるコンプレッサーが必要となります。

   下記の表を参照して、なるべく余裕のあるコンプレッサーの選定をしてください。

出 力

0.1kW

0.2kW

0.4kW

0.75kW

1.5kW

2.2kW

3.7kW

5.5kW

7.5kW

吐出量

10L/min

20L/min

40L/min

80L/min

160L/min

240L/min

400L/min

580L/min

800L/min

 

■QDシリーズ外形寸法

 

■QDシリーズの前後写真

 

 

-100℃tdまで計測できる圧力露点計もあります!

 

 

 


Copyright(c) 2006 IAC.co.,ltd. All rights reserved

本ページに掲載されている全てのコンテンツ(記事・画像)はアイ・エイ・シー株式会社の承諾無しに、無断転載することはできません。

アイエイシー,カプセルコン,超低騒音コンプレッサー,低騒音コンプレッサー,サイレントコンプレッサー,静音コンプレッサー,オイルレスコンプレッサー,オイルフリーコンプレッサー,超小型コンプレッサー,小型コンプレッサー,ハンディコンプレッサー,原子吸光用コンプレッサー,ガスクロ用コンプレッサー,静電気対策,静電気除去,除電,除塵,イオナイザー,イオンダスター,イオンエアーダスター,イオンエアーガン,除電ガン,二流体ノズル,2流体ノズル,ドライミストノズル,乾燥エアー供給装置,クリーンエアーユニット,クリーンエアーシステム,冷凍式エアードライヤー,吸着式エアードライヤー,膜式エアードライヤー,超低露点エアードライヤー,中空糸エアードライヤー,中空糸ラインドライヤー,チューブ式ドライヤー,FDA,FT-IR,窒素ガスの代わり,チッソガスの代わり,ベビージョーカー,コンプレッサードレン処理装置,コンプレッサードレン浄化装置,オートドレン,ドレントラップ,ドレン排出器,防振装置用,防振台用,除振台用,研究室用,実験室用,ステンレスエアータンク,ハンディー露点計,ポータブル露点計,小型露点計,大気圧露点計,デジタル流量計