寒冷地対策

 

トップ ページコンプレッサーエアドライヤー周辺機器油水分離装置静電気対策会社概要

静電気除去ガン 
除電エアーガン 
除電ガンセット 
ドライミストガン 
ドライミストノズル 

 

コンプレッサードレン処理装置ベビージョーカー寒冷地対策について

■寒冷地対策について

 ベビージョーカーは、比重差分離と活性炭吸着を併用した処理をした無電源の

 コンプレッサードレン処理装置です。

 比重差分離を行なうため、装置の中は水槽のようになっており、水位が一定に

 保たれる仕組みとなっています。この一定の水位に比重の軽い油膜が溜まって

 くると装置の前面にある浮上油回収タンクに油が溜まります。

 このように、常に装置の中には一定量の水が入っていますので、氷点下の場合

 などは凍結するのではないかという心配の声をお聞きします。。

 そこで寒冷地対策ですが、水を直接温めるフランジヒーターなどは、装置に穴

 をあけたりする必要がありますので、弊社ではお奨めできません。

 

■フランジヒーターなどは装置に穴を           ■グラスウールなどを使用した断熱材

 あけなければならないため、水漏れ              を巻くだけでもかなりの効果が期待

 の心配があり、お奨めできません。              できます。

   

 

■グラスウール断熱材などを巻く場合、ベビージョーカーの本体周囲と本体高さ

 の寸法は下記の通りとなります。ご参照ください。

 KBJ-05  ....... 1,330mm×高さ555mm(内容量:  約25L)

 KBJ-10N  ..... 1,750mm×高さ655mm(内容量:  約50L)

 KBJ-15N  ..... 1,910mm×高さ735mm(内容量:  約75L)

 KBJ-30N  ..... 2,380mm×高さ840mm(内容量:約150L)

 KBJ-60N  ..... 2,900mm×高さ985mm(内容量:約300L)

 

 

■凍結防止対策

 一般的なのが、セラミックヒーターなど、火を使わない暖房器具で周囲温度を

 上げるという方法になります。コンプレッサー室など室内に設置する場合には

 コンプレッサーが停止した後に室温が下降するので、この時間だけ周囲温度を

 上げるために火を使わない暖房器具で暖めることが有効です。水関係の装置の

 凍結防止仕様としては、装置の中に小型の温風ヒーターを設置して中を暖める

 というものが一般的ですが、これに近い対策方法です。

 タイマー機能、サーモスタット機能、転倒時電源遮断機能等が付いているもの

 が使用するうえでより安全です。

 

 無人の場所で、上記のような暖房器具が使用できない場合には、火を使わない

 暖房器具よりもっと安全と思われる電熱シートなる凍結防止商品があります。

 これと断熱材を組み合わせることで、屋外に設置している場合も、有効な凍結

 防止になると思われます。

 

 以上は、弊社としては取り扱っておりませんので各メーカーさんにお問合わせ

 のうえ、最適な寒冷地対策(凍結防止対策)をおとりください。

 

 


Copyright(c) 2006 IAC.co.,ltd. All rights reserved

本ページに掲載されている全てのコンテンツ(記事・画像)はアイ・エイ・シー株式会社の承諾無しに、無断転載することはできません。

ベビージョーカー,コンプレッサードレン処理装置,コンプレッサードレン浄化装置,ドレン処理装置,オートドレントラップ,ドレン排出器,コンプレッサーのドレン抜き,コンプレッサーの水抜き,浮上油回収装置,オイルスキマー,油水分離装置