処理の可否

 

トップ ページコンプレッサーエアードライヤー周辺機器油水分離装置静電気対策会社概要

基本仕様 
処理の可否 
装置設置例 
複数台の処理 
設置のメリット 
設置前の確認 
設置方法 
設置時注意 
寒冷地対策 
消耗品について 
特殊吸着材仕様 
臭素系難燃剤 
オートドレン 
浮上油回収 

 

コンプレッサードレン処理装置ベビージョーカーでの処理の可否

■標準品での処理の可否

 ベビージョーカーは、最初に油膜を除去してから、残留している油分を活性炭

 で吸着させる2段方式で処理していますが、全てのドレン水に対応できるとは

 言い切れません。

 標準品での処理の可否につきましては、判断基準としてサンプル写真の記載を

 しましたのでご参照ください。処理能力以上のドレン水が一気に流入した場合

 処理しきれないことがあります。

 処理能力以内の流量(定量) で送り込むようにしてください。

 (標準品で処理が難しい場合には 特殊吸着材仕様 でご検討ください) 

 

■標準品で処理可能                              標準品で処理可能

※処理前(左)と処理後(右)の様子                          ※処理前(左)と処理後(右)の様子

   

 

■標準品で処理可能                              標準品で処理可能

※処理前(左)と処理後(右)の様子                           ※処理前(左)と処理後(右)の様子

   

 

■標準品で処理可能                           標準品で処理が難しい

※処理前(左)と処理後(右)の様子                      ⇒完全な白濁     ⇒ 完全なエマルジョン

    

※原水がスポーツドリンクより薄い程度            ※完全なエマルジョンは難しいです。

   の白濁であれば処理が可能です。                  (向こう側の線が確認できない白濁)

(向こう側の線が確認できる白濁)                     このようなドレン水の場合はこちら

   ご不明な場合はお問合わせください。               ご検討ください。

 

■事前処理テストについて

 上記の写真などで判断が難しい場合、テスト機での事前処理テストも行なって

 おります。送っていただいたドレン水を処理してお送りし、分析等はお客様で

 行なっていただくことになります。

 詳細はお問合わせください(お問合わせ前の発送は絶対にしないでください)。

 


Copyright(c) 2006 IAC.co.,ltd. All rights reserved

本ページに掲載されている全てのコンテンツ(記事・画像)はアイ・エイ・シー株式会社の承諾無しに、無断転載することはできません。

アイエイシー,カプセルコン,超低騒音コンプレッサー,低騒音コンプレッサー,サイレントコンプレッサー,静音コンプレッサー,オイルレスコンプレッサー,オイルフリーコンプレッサー,超小型コンプレッサー,小型コンプレッサー,ハンディコンプレッサー,原子吸光用コンプレッサー,ガスクロ用コンプレッサー,静電気対策,静電気除去,除電,除塵,イオナイザー,イオンダスター,イオンエアーダスター,イオンエアーガン,除電ガン,二流体ノズル,2流体ノズル,ドライミストノズル,乾燥エアー供給装置,クリーンエアーユニット,クリーンエアーシステム,冷凍式エアードライヤー,吸着式エアードライヤー,膜式エアードライヤー,超低露点エアードライヤー,中空糸エアードライヤー,中空糸ラインドライヤー,チューブ式ドライヤー,FDA,FT-IR,窒素ガスの代わり,チッソガスの代わり,ベビージョーカー,コンプレッサードレン処理装置,コンプレッサードレン浄化装置,オートドレン,ドレントラップ,ドレン排出器,防振装置用,防振台用,除振台用,研究室用,実験室用,ステンレスエアータンク,ハンディー露点計,ポータブル露点計,小型露点計,大気圧露点計,デジタル流量計